あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行

-  -
語句 意味 用例
アオタン [名]
あざ
「机の角っこにぶっつけたっけ、アオタンになったさー」
アオル [動]他・四
@うちわなどであおぐ
Aフライパンなどで炒める
「中華料理は強火で手早くアオラントね」
アキアジ
[名]
@秋に川に遡上してきたサケ
A塩ザケ
 
アクタレル [動]自・下一
反抗する。いつもアクタレル者をアクタレと呼ぶ
「あいつはいつもアクタレてばっかりだよ」
アゴワカレ [名]
送別会
 
アシタアサッテ [名]
明後日
「待ち合わせはアシタアサッテの朝10時ね」
アズケル [動]他・下一
持たせる。与える
「あの人にはお酒さえアズケテおけばご機嫌だから(笑)」
アズマシイ [形]
@心地よい
A十分な。満足できる
「あの店は落ち着いていてアズマシイから、つい長居しちゃうんだわ」
「遊び呆けてばかりいるからアズマシイ成績を上げられない」
アズマシクナイ [連語]
ゆっくりしない。アズマシイの否定語
「こんな狭い部屋じゃ、アズマシクナイね」
アズル 「動]自・五
難儀する
「雪の坂道で車がアズって上れなかった」
アタイ [接尾]
金額の後に付けて、その価格で買える分
(花屋で)「1万円アタイの花束を作ってください」
アッタラ [連体]
あんな
アッタラ女のどこがいいのさ?」
アッパクサイ [形]
@容易だ。相手にならない
Aくだらない
「彼はチャンピオンだから4回戦ボーイのお前が相手じゃ、アッパクサイべね」
「そんなアッパクサイもの、まだ持ってるの?」
アッペ [名]
反対・逆。アッペコッペとも言う
「靴、アッペに履いてるんじゃないべか?」
アテガウ [動]他・四
与える。持たせる
「あの子にはそのお菓子をアテガッテおいて」
アマサレル [連語]
仲間はずれにされる
「悪口なんて言ってないのにアマサレちゃった」
アメル [動]自・下一
食物が腐ったり変質する
「夏場にお弁当を車に置きっぱなしにしておくとアメルよ」
アラバチアケル [連語]
処女を犯すこと。木炭の焼き釜の火入れ口をあけることから転じた
 
-  い -
語句 意味 用例
イイショ [連語]
いいでしょう
「そちらにおじゃましてもイイショ?」
イイフリコキ [名]
見栄を張る。派手な人
「月収15万で、そんな高級車に乗ってるなんてイイフリコキだなぁ」
イズイ [形]
異物感があってごろごろする
「目になんか入ったみたい。イズイよぉ〜」
イタマシイ [形]
惜しい。もったいない。
若死にした人にも用いる
「お気に入りのピアスを落としちゃった。イタマシイことをした」
「事故死だなんてイタマシカッタね」
イッツモカッツモ [連語]
いつでも。常に
イッツモカッツモ冗談ばかり言ってるんでない」
インデナイカ(イ) [連語]
いいのではないか
「もうちょっと愛想良くしてもインデナイカ(イ)」
-  う -
語句 意味 用例
ウルカス [動]他・四
水にひたす
「お米を研いでウルカシテおいて」
ウルケル 動]自・下一
ふやける
「長湯をしてすっかり手足がウルケちゃった」
-  お -
語句 意味 用例
オガラカス [動]他・四
生やす。育てる
オガルに接尾語のカスをつけたもの
「この花、立派にオガラカシたねぇ」
オガル [動]自・四
成長する。人の他にも動植物、毛髪などの成長にも用いる
「ちょっと見ないうちにずいぶんオガッタね」
オカレル [連語]
置いていかれる
乗り物に乗り損ねる
「急いで駅に向かったんだけど、列車にオカレた」
オシカル・オセカル [連語]
衣類を押しのばす
「アイロンかけるの面倒だったら寝オシカレばいいっしょ」
オゾイ 形]
粗末な。劣っている
「そんな簡単な問題も解けないなんてオゾイなぁ」
オダツ [動]自・四
ふざける
オダッテばかりいると、そのうちケガするよ」
オッカナイ [形]
怖い。恐ろしい
「吹雪で前がほとんど見えなくて運転、オッカナカッター
(道内では「怖い」よりもポピュラーに使う)
オットイ [名]
一昨日。オトツイともいう
 
オットシ [名]
一昨年
 
オッポ [名]
「ちょっと綺麗な人を見るとオッポ振っちゃってさ」
オバンデシタ [連語]
こんばんは
(オバンデスよりも新しいあいさつ語)
 
オバンデス [連語]
こんばんは
 
オボエタ [連語]
知っている
「あの人は私のオボエタ人だから大丈夫♪」
オンジ・オンチャン [名]
弟・次男以下
「あんたの内地に行ったオンチャン、元気かい?」


home next